ゴールデンカムイ ネタバレ

2020年1月30日発売日の週刊ヤングジャンプ9号のゴールデンカムイネタバレ228話最新話確定情報を紹介します!

ゴールデンカムイネタバレ228話最新話確定情報

前回227話のあらすじ

前回のゴールデンカムイ227話では、宇佐美と鶴見中尉の出会いが描かれていました。
今回は、杉元一行の刺青囚人探しに進展はあるのでしょうか!?

可愛いシマエナガ

平太の砂金サンプルを元に「空知川」を訪れた杉元一行。
刺青囚人の一人、海賊房太郎を探すべく雪の山道を歩いていました。

先を急ぎたいところですが、山全体を包む濃い霧。
杉元は腕を骨折しているので、このまま進んでも危険です。
アシリパの判断で、近くのコタンに戻り、霧が晴れるまで待つことにしました。

道を戻ろうとすると、鳥の鳴き声に気づいた杉元。
振り向くと、羽をケガして動けないでいるシマエナガがいました。
北海道でしかみられない、手の平サイズの野鳥です。

あまりの可愛さに、杉元はシマエナガを拾い上げました。
アシリパに話しかけようとすると、霧で姿が見えなくなっていたのです。

はぐれた杉元

少し離れても声が聞こえれば大丈夫。
互いに呼びかけあいながら、杉元は早く合流しようと歩き出します。

しかし、雪で足を滑らせてしまい、山の斜面から落ちてしまいました。
腕をケガしているので登ることもできません。
霧も濃いままで、日も暮れてきました。

これ以上、動き回っても余計に迷子になるだけ。
杉元は仕方なく、一晩その場で過ごすことにしました。
もちろん、シマエナガも一緒です。

雪山での過ごし方は、アシリパに教わっている杉元。
岩にもたれかかる木を寝床にして、慣れた手つきで薪の準備をします。
夕飯は、アシリパが作ってくれた特製団子。

栗とマスの筋子を混ぜ合わせた携行食です。
わずかな団子を、シマエナガと分け合って食べました。

杉元は、よほどシマエナガが気に入ったのでしょう。
シマエナガはアイヌ語で「ウパㇱチㇼ」と呼びます。
そのため、杉元は「ウパシちゃん」と名づけて話しかけていました。

空腹との戦い

夜が明けても、変わらず濃い霧。
寝床の近くには、ヒグマの大きな足跡がありました。
まだ近くをうろついている可能性があります。

さすがの杉元も、腕をケガした状態でヒグマと戦うことはできません。
アシリパ達が助けに来てくれるまで待つことにしました。

待ち続けて、ついに1週間経過。
杉元の空腹はピークに達していました。
でも、食べ物がありません。

杉元の肩には、可愛いウパシちゃんが乗っています。
お腹は減るばかり。
杉元は気合いをいれるため、最後の力を振り絞って叫びました。

でも、もう我慢の限界!

ウパシちゃんの羽を一心不乱にむしる杉元。
クシに刺して、火であぶります。
どんなにウパシちゃんが可愛くても、空腹に勝てなかった杉元。
感謝しながら食べようとすると・・・

近くから、アシリパさんの声が。
杉元の悲しい叫びが雪山に響いていました。

ゴールデンカムイ228話の感想

可愛いウパシちゃんとの突然の別れ。
さらに、空腹に負けた直後にアシリパさんと再会。
杉元が嘆いたのは間違いないでしょう。
予想外な展開に、最後は思わず笑ってしまいました。
次回は、刺青囚人探しが進展しそうです!