五等分の花嫁 ネタバレ

2020年1月22日発売日の週刊少年マガジン2020年8号「五等分の花嫁」ネタバレ118話の最新話確定情報やあらすじを感想を交えて紹介します!

五等分の花嫁ネタバレ「118話」最新話確定情報のあらすじ

五等分の花嫁「118話における最新話のネタバレや確定情報のあらすじを紹介していきます!

教室にて四葉、ニ乃、五月、上杉が介して各々の心中が語られます。

四葉の本当の思い

四葉の煮え切らない態度を見て、その真意を確かめようと教室に呼び出したニ乃。

ニ乃の真剣な言葉に、四葉も本当の思いを話します。

「私が上杉さんを好きな気持ちは変わらない。でも今何を言ってもそれが届かないのも分かってる。だからこれからの私たちを見ていてほしい。私は上杉さんもだけど姉妹たちみんなも大好きだから。」

四葉の真摯な思いを受け、ニ乃も負けじと自分の思いを語ります。

ニ乃の宣戦布告

四葉の思いを聞いてもなお、上杉への愛情を止められないニ乃。

「隙があればすぐ横取りするからね」と、四葉の前でなく上杉の前でも宣言しました。

五月の決心

ニ乃と四葉に隠れて、二人のやり取りを聞いていた上杉と五月も何かを悟った様子。

四葉は自分なりのやり方で、上杉と家族両方を大切にしていきたいと思っていて、ニ乃はニ乃らしく好きあらば横取りすると宣言し、五月は改めて自分の思いに気づきます。

これまで意識してなかった思いにはじめて気づく五月。

その思いが恋なのか友達なのか、それがはっきりした回となりました。

五月のアドバイス

場面が変わって、五月は自分が通ってる塾で中学生の恋愛相談を受けていました。

自分の恋は叶わないと悲しむ彼女に五月は、恋をしたことを忘れないようにすること。

「それはあなたにとっても素晴らしい経験になるよ」とアドバイスします。

何か変わったなと塾の先生である下田に怪しまれますが、逃げて交わす五月。

そして最後に自分がこういう風に変われた上杉との出会いに感謝するのでした。

118話の感想

今回はとても進展のあった回でした。

四葉の決心、ニ乃の上杉への思いの強さ、五月の心境の変化、どれもこの先の展開を加速させる重要なテーマだと思いました。

この先、上杉をめぐる四葉やニ乃、さらには五月も含めてどんな展開になるのか非常に楽しみです!