五等分の花嫁 ネタバレ

2020年1月29日発売日の週刊少年マガジン9号「五等分の花嫁」ネタバレ「第119話」最新話確定情報を紹介します。

五等分の花嫁ネタバレ119話最新情報を紹介します

前回118話のあらすじ

前回の五等分の花嫁118話では、改めて四つ葉が風太郎と付き合っていく意思を二乃と風太郎に伝えました。
今回はその意思を行動に起こしたデート会になります!
一気の進展はあるのでしょうか!?

四つ葉とデートに行く風太郎

風太郎は休みの日に四葉をデートに誘います。
前回の二乃とのやり取りもあり、なんだかぎこちない感じですが、内心とても喜んでいる四葉。

「今日はお前の欲しいものや食べたいものは何でも奢るぞ!」と宣言する風太郎。
勢いづけて乗り込んだ先はなんと・・・ファミレスでした。

そしてそこには二人を付けてきた一花、二乃、三久、五月も離れた席に来てました。
初のデートがファミレスで、しかもクーポンも使うなんて・・・と毒づく二乃。

そんな風太郎をフォローする一花と三久、ご飯を美味しく食べる五月が談笑を始めます。

図書館に行く二人

ファミレスを出ると、風太郎と四葉は図書館に向かいます。
図書館でも話す話題に困った風太郎は、困ったときの話題メモを取り出し、将来の夢について四葉にたずねます。

「いきなりすぎる質問ですね」と四葉に驚かれますが、風太郎は「何だかんだ忙しくて聞けてなかったからな」と答えます。
四葉は、やっぱり誰かのサポートをして、支えることが自分に合っている、そう思えたのは、風太郎がいたからだと風太郎に言います。

またもや付けてきて、このやり取りを見てた二乃を含めた姉妹たちは、じれったいわねと悪態をつきます。
夢の話が二乃のものに変わると、「あいつの夢は確か日本一のケーキ屋さんになることかな」といいますが、「そんなに具体的には言ってないわよ!」とついに我慢が出来なくなった二乃が飛び出してきます。

驚いた二人を見つつ、「姉妹たちが出て来て邪魔するつもりはないので」と言って二人を見送ります。

四葉の夢

最後に二人は、四つ葉が昔から好きなブランコのある公園にやって来ました。
風太郎は、今日巡ってきた場所は全部俺の思い入れの場所で、このブランコもそうだといいます。

そして昔のようにブランコから華麗にジャンプする四葉を見て、風太郎も「俺もここからお前と同じところにジャンプできたら言いたいことがある。」といいます。

思いっきりブランコをこぐ風太郎を四葉は止めようとしますが、どんどんスピードをあげる風太郎。
その矢先ブランコが壊れ、風太郎は盛大に転げ落ちてしまいました。

カッコ悪いなと言いつつ、風太郎は「デート一つこなすことのできない未熟者の俺だが、お前の横に立って並べる男になれるよう精進する。」と話し始め・・・

「好きです!結婚してください。」とプロポーズします。

「私以外だったら引いてますよ」と言う四葉は、「私も夢を思い出しました、お嫁さんです。」と語り今回は終わります。

五等分の花嫁感想

前回118話で、「これからの私たちを見てて」という四葉の言葉通り、今回は四葉も風太郎も、ともに恋人として歩みだす覚悟を決めた会となり、とても微笑ましかったです。

それにしても風太郎が「好きです!結婚してください!」とプロポーズしたのには驚きましたが、実は男らしいなと感じました。
四葉もはっきりと受け入れてほしいですね!