かぐや様は告らせたい ネタバレ

2020年1月23日発売日のヤングジャンプ2020年8号かぐや様は告らせたいネタバレ「165話」の最新話確定情報と感想を紹介します!

かぐや様は告らせたいネタバレ165話最新話確定

構ってちゃんモードのかぐやは会長といちゃつきたい。

でも会長は仕事で忙しいので、久しぶりに二人の恋愛頭脳戦が繰り広げられます。

構ってほしいかぐやと生徒会メンバーの変わらぬ日常

なぜだか今日は会長とラブラブしたい・・・そう思いながら生徒会室に入って行ったかぐやが見たのは、藤原書記がミコにおやつをたべさせている光景。

前回の失態を取り返さんと必死にご機嫌取りをする藤原書記を見て「露骨に前回の失敗を取り替えそうとしてますね」とぼやく石神。

「うるさい石神うるさい」とキレる藤原書記でしたが、ミコはミコで気にしてない様子で一緒に渋谷に行く約束をしてます。

そんなやり取りを傍目に生徒会職務に勤しむ会長を見てかぐやは何か思い付きます。

教室に二人っきり

会長と二人っきりになれたかぐやは、ここぞとばかりに構ってちゃんアピールをします。

藤原書記が置いていったお菓子を一緒に食べないか誘ったり、机の目の前にきてじーっと見つめたり、髪を三つ編みにしたり・・・。

挙げ句、会長の膝の上に座りますがお姫様だっこされてソファーに戻され、「仕事が終わるまでお前に構うことはできない」と言われます。

攻めに転じるかぐや

会長は全然構ってくれない。

ならば自分から構ってもらえるようにしてやる。

かぐやは一転して大胆な攻勢に出ます。

いきなり後ろから抱きついてみたり、横顔にキスしたり。

それでも会長は宣言通り職務に集中してます。

我慢が解かれた会長

全部の仕事が終わって、もういいぞとかぐやに言う会長ですが、今さら遅いと拗ねてるかぐや。

そこにいきなり会長が詰め寄ってきて、「俺だって相当我慢してたんだ。思う存分構ってやる」といい、かぐやはたじろぎつつ言葉を言おうとして物語は終わります。

165話の感想

久しぶりに「かぐや」と会長の恋愛頭脳戦が見れる回でした。

会長の我慢強さが予想以上で、その頑張りが今回の話のキーとなってます。

またかぐやも以前のような冷たさはなく、恋人として構ってもらいたいという愛情を帯びた感じもまた良かったです。

しかし、いつまで続くのでしょうか・・・この二人のイチャイチャ感は(笑)。

会長が素直になるか、むしろ逆に「かぐや」が会長を無視する展開になって、他の人と嘘でもいいからモーションを起こせば、会長だってかぐやの事を意識しだしたり、やきもちを焼くと思うんですけど・・・。

まあ、なるようになるんでしょうね!最後は(笑)