鬼滅の刃 ネタバレ

2月17日発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載予定の「鬼滅の刃」第194話ネタバレ最新話を考察や予想で紹介します!

漫画航路では「鬼滅の刃」最新話のネタバレ確定情報を文字バレでのみ紹介しています!
「鬼滅の刃」の最新話を無料で読む方法はありませんが、最新刊や単行本を「文字バレではなく画バレ」で読みたい方は「U-NEXT」を利用すれば、無料で読む事が出来ます♪

U-NEXTなら「鬼滅の刃」の最新刊や単行本が無料で読める♪

1.31日間無料トライアルに登録するだけで600ポイント(600円分)がもらえる!
2.その600ポイントを利用するだけで最新刊や単行本が無料で読めます♪
3.無料トライアル期間中に解約しても当然、1円も料金はかかりません!
4.月額料金での契約なら毎月1,200pt(1,200円分)がもらえる!
5.アニメも見放題の作品が激多数!


鬼滅の刃194話ネタバレ最新話を考察

前回193話のあらすじ
いよいよ炭治郎と無惨の一騎打ちとなりました。
夜明けまであと1時間。

炭治郎はまだ脳が半分むき出てて、右目も見えない状態。
こんな不完全な状態で無惨に勝てるのか心配でしたが、無惨もまた細胞に取り込んだ珠世に自分が老化へと進んでいる毒に侵されているのに気が付く。

その隙に炭治郎は無惨に12の型を繋げる事に成功した場面で193話は終わる

194話のポイント

どうやら刀身が赤くなったうんぬんよりも、対無惨には先天的な力の強さが重要なのかもしれませんし、もしかしたら、炭治郎が12個の型を繋げることに成功しましたが、身体能力の強化には刀よりも型の方が重要なのでしょうか?

実際、伊黒さんは身体能力の向上が見られましたがあっけなく倒されてしまいました。
伊黒さんも自身の力で刃を赤く染めましたが、日の呼吸を繋げていたわけではありません。
ただ、今回の話で分かったのは、無惨自体が相当な弱体化をしており、彼が回想していましたが、そもそも現役の柱たちでは成す術が全く無かったという方が正しいのかもしれません。

無惨曰く、炭治郎自体も取るに足らないような存在として考えており、今までの好プレイは無惨の弱体化だけが原因なのかもしれません。
来週の鬼滅の刃194話では、無惨を倒すための決定的な要因が分かるのではないかと思います。

13番目の型を習得できるか

炭治郎は今週号で12個の型を繋げることに成功しました。
しかし、短い間に連続してつなげる必要があり、しかも無惨が、自身が弱体化し始めているという事に気付いてしまいました。

今まで何とかやり過ごせていたのは、毒に気付いていなかったからというアドヴァンテージを柱たちすら気付かずに過ごしていたからでしょう。

しかし、今回で無惨が気付いてしまいました。
恐らく解毒と再生を行うでしょう。

そうなると炭治郎に12個を繋げる時間が残されているのでしょうか?
来週号で分かることでしょうが楽しみです!

「鬼滅の刃」最新刊や単行本を無料で読む方法

 

「鬼滅の刃」を文字バレではなく、絵(イラスト)付きで読みたい!って、誰もが思いますよね♪
漫画ですから、絵がないと迫力も伝わってこないものです・・・。

そんなあなたにご紹介したいのが、「鬼滅の刃」の最新刊や単行本を無料で読む事が出来る
「U-NEXT」というサービスです♪

 

U-NEXTで「鬼滅の刃」最新刊や単行本が無料で読める理由

 

・無料トライアルに登録しただけでもらえる600ポイントで最新刊や単行本が無料で読める!

 

U-NEXTをオススメする理由

1.無料トライアルに登録するだけで600ポイント(600円分)もらえる!
2.その600ポイントを利用して最新刊や単行本が無料で読める!
3.無料トライアル期間(31日間)であれば解約しても料金は1円も発生しません!
4.アニメが見放題の作品が多数用意されている!
5.月額契約だと、毎月1,200ポイント(1,200円分)もらえる!

 

 

鬼滅の刃 無料

 

 

鬼滅の刃 アニメ

 

31日間無料トライアルに登録するだけでもらえる600ポイントを利用して
「鬼滅の刃」の最新刊や単行本が無料で見られるお得なサービスをU-NEXTが開催中なので
是非、このキャンペーン中に登録してみてください!
U-NEXTなら「鬼滅の刃」のアニメも見放題ですよ♪

鬼滅の刃194話へ向けたみんなの感想ツイートを紹介

鬼滅の刃194話に向けた、みんなのツイートを紹介します!
今週はどんな感想や予想が聞かれるか楽しみですね!

た、た、確かに面白いですし、鬼滅の刃が最終回伸びていいですけど・・・
どこかで倒さなきゃいけない相手なので、スッキリ倒してほしいですね!

深いですね!w
でも、相反発する薬を作っていた珠世としのぶって、一番効果が大きいというか、重要な役だったですね!

みて下さい・・・
ちょーおもろいです(笑)